ブログ

パントリーの3つのメリット!理想の新築を建てよう!

新築住宅を建てる前に知っておきたいパントリーとは

パントリーは、もともとホテルの調理場などに設置されている小さな収納部屋のことを指しています。
最近は一般の家庭でもキッチンの近くにパントリーを設ける方も増えてきました。

家族が多くキッチンだけでは収納が足りないという方や、万が一に備えて食材や飲料をストックしておきたいという方におすすめ。
また、調理器具などもしまっておくことができるので、たくさんの調理器具を揃えている料理好きの方にもぴったりです。

パントリーのメリット

まずは、パントリーを設置することの3つのメリットをご紹介します。

キッチンを広々と使える

使わないものをパントリーに入れておくことができるので、キッチンを広々と使うことができます。
調理台の上は綺麗に片付けられていても、収納スペースを見ると、調理器具や食材のストックが溢れているという方も多いでしょう。

使用頻度が低いものはパントリーに収納して使う時だけ取り出すようにすれば、すっきりした状態を保つことができます。

また、キャビネットなどを買い足す必要もないので、スペースを取られずに済みます。

キッチンの見栄えが良くなる

食品や食器、調理器具などで溢れてしまいがちなキッチン。すっきり片付けたいと思っていても、気がつくと雑然としてしまい、来客の際には大慌てということも多いのではないでしょうか。

パントリーがあれば、見せたくないものは全て見えないところに収納しておくことが可能。キッチンがいつも綺麗に片付けられていると、気持ちが良いことはもちろん、家事もしやすくなります。

ホームパーティーなど来客の際も、余裕を持ってもてなすことができるでしょう。

食料品のストックができる

平日忙しくてなかなか買い物に行けないため、週末に1週間分の買い物をまとめ買いしているという方も多いでしょう。特に家族が多いご家庭の場合、1週間分の買い物となると相当な収納スペースが必要になります。

パントリーがあれば、収納スペースの心配をすることなく、必要なものを必要なだけ保管しておくことができます。ある程度賞味期限があるものなら、特売の日に買いだめしておけば節約にもなります。

また、万が一の災害に備えて、水や非常食を準備しておくにもぴったりです。

パントリーのデメリット

次に、パントリーのデメリットを3つご紹介します。

ある程度スペースが必要

パントリーを作るためには、キッチンのそばにそのためのスペースが必要となります。ある程度のスペースを確保できないと、パントリー内の幅や奥行きが確保できず、使いづらくなってしまう可能性も。

また、パントリーのためにキッチンのスペースが狭くなってしまっては意味がありません。

キッチンは毎日必ず使うスペース。収納を確保することができるパントリーですが、キッチンでの作業効率が悪くならないよう注意が必要です。

料理中の移動が多くなる

パントリーに料理に必要な食材や調理器具などをしまっておくことで、料理中の移動はどうしても多くなってしまいます。

パントリーはキッチンのそばに設けられることが多いですが、それでもいちいち必要なものを取りに行くのは面倒ですよね。

手間をかけないためには、日常的に使うものはキッチンの収納にしまっておく、必要なものはあらかじめまとめてキッチンに準備しておくなど、動線を考えた工夫が必要です。

物が増えることで管理の手間がかかる

収納が増えるということは、その分置いておくことができる物も増えます。調理器具や食器などは放置していても問題ありませんが、調味料や食材は要注意。気がついたら賞味期限が切れてしまっていたなんてこともあるかもしれません。

そうならないためには、賞味期限の近いものはパントリーには置かず、定期的にパントリー内を整理して何が、どこに、どれくらいあるのかを把握しておくと安心です。

新築一戸建てを建てる前に パントリーに関する基礎知識

パントリーを作る際の間取りや種類、広さ、換気についてなど、基本的な知識を身につけておきましょう。

間取り

パントリーを有効活用するためには、間取りが重要です。最も一般的なのは、キッチンの1番奥のスペースに設けるもの。使い勝手が良いことはもちろん、リビング側からは見えづらいのでおすすめです。場合によってはキッチンの背面に設置する場合もあります。

また、家事動線をスムーズにするために、玄関や洗面脱衣所などと繋げるのもおすすめです。玄関と繋げることで買い物後の収納がスムーズに。洗面所などと繋げることで、家事の時間も短縮できるでしょう。

種類

パントリーには、大きく分けて2つの種類があります。

ウォークイン型

パントリーと聞いて多くの方がイメージするのが、このウォークイン型。その名の通り、歩いて入ることができる小さな部屋で、ウォークインクローゼットなどと同じようなイメージです。

メリットは、とにかく収納力があること。食材や調味料などのストックのほか、普段あまり使わない調理家電や箱買いしたミネラルウォーターなどの場所を取るものをしまっておくこともできます。

ただし、広さがある分物を詰め込みすぎてしまうというデメリットも。物をたくさん置くことができるので、こまめな掃除も欠かせません。

壁面収納型

ウォークイン型とは違い、キッチンの壁に取り付けるタイプのパントリー。キッチンの背面や側面に、大型のクローゼットがついてるようなイメージです。

キッチン内にあるので、物を取りに行ったりしまったりする際に移動が少なく済むことがメリット。また、目に見えやすい場所にあることで、ストック量の把握もしやすいでしょう。

ただし、ウォークイン型に比べると収納力は劣ります。収納したい物の量に合わせてパントリーのタイプを選ぶと良いですね。

広さ

一般的にパントリーの広さは、0.3畳〜3畳ほどといわれています。家族の人数や収納したいものの量、キッチン周りに確保できるスペースの広さによっても異なるため、それぞれに合った最適な広さを見極めることが大切です。

パントリーの棚の奥行きは、40cm前後がおすすめ。それ以上に奥行きが広いと、物が取り出しにくくなってしまいます。

大きな物を収納しておきたい場合は、収納の際持って出入りしやすいかどうか、入り口の広さも確認しておくようにしましょう。

換気

意外と忘れてしまいがちな換気。食材などを保管しておく場合は、臭いや湿気がこもってしまわないよう、換気を行うことが大切です。

換気ができないと湿気がこもってしまい、カビが発生する原因に。パントリーには食材や調理器具などを保管しますから、衛生的に保たなければいけません。

換気をするためには、パントリー内に換気扇や小窓を設置するのがおすすめ。特に小窓は換気ができるだけでなく太陽光を取り込むことができるのも嬉しいポイントです。

パントリーに扉をつけるかどうかは、パントリーの位置や間取りによって異なります。例えばパントリーがリビングやダイニングから見える場所にある場合、パントリー内を隠すためには扉があると便利。しかし、見えない位置にあるのであれば、扉がない方が使い勝手は良いでしょう。

また、扉が開き戸か引き戸かによっても使いやすさが異なります。開き戸の場合は、ドアの開閉スペースが必要となるため、スペースが限られている場合は引き戸の方がおすすめです。

パントリーのある新築一戸建ての事例

新築・デザイン住宅 WTW(ダブルティーハウスプロジェクト)

新築・デザイン住宅 AM6 HOUSE(エーエムシックスハウス)

関連記事一覧