ブログ

前回につづき工法のはなし。鉄骨。

鉄骨造(S造)とは柱や梁などの骨組み部分に鉄骨を用いる構造のことで、S造やS構造と言われることもあります。
鋼材の厚みによって軽量鉄骨と重量鉄骨に分けられ、以下の紹介する鉄骨軸組工法と鉄骨ユニット工法が代表的な工法です。

鉄骨軸組工法

木造軸組工法と同じように柱と梁、筋交いを骨組みとした構造を持ちブレース構造と呼ばれることもあります。
一般的に軽量鉄骨が使用され、一般住宅だけでなく賃貸アパートの建築などにも採用されることがある工法です。

メリット

鉄骨軸組工法の最大のメリットは、品質にばらつきがなく安定している点です。木材は水分量や部位によりどうしても品質差が避けられませんが、鉄骨は金属なので、品質は一定。乾燥させたり上下向きによる違いなどを意識しなくても大丈夫です。

開口部を作りやすいという点では木造軸組工法と同じですが、木造では大きな弱点となるシロアリ被害の可能性が低く、耐久性の面でも安定していると言えます。軽量鉄骨なら地盤や基礎への影響が少なく、木造並みの基礎で対応できます。

デメリット

鉄骨造りは頑丈であるがために、木造に比べると加工に手間がかかり、建築費用が高くなることがデメリットです。また加工のしずらさは、間取りの自由度の無さにもつながるため、木造軸組工法のような柔軟性はありません。

また鉄は熱伝導率が木材よりも高いため断熱性能は低くなります。また金属なので、適切に防錆処理をしないとサビが付きます。住宅建築の場合は断熱や防錆は必ず行われますが、そのような点でも建築費の増加につながります。

鉄骨ユニット工法(ラーメン構造)

工場で生産された鉄骨ユニットを現場まで運んで組み立てていく工法です。柱と梁を剛接合するラーメン構造になっていることが一般的で、一戸建て住宅だけでなく中高層のビルや集合住宅でもよく採用されている工法です。

メリット

工場である程度建築工程を進めたものを現場に持っていくため、ユニットを組み立てるだけで作業が終了し、職人の技量によって品質が変わることがありません。安定した施工が可能で、手間がかからず工期が短くて済みます。

また鉄骨ユニットは強靭なラーメン構造により、耐久性が高く耐震性にも優れていることもメリットとして考えられます。頑丈ながらも壁で支える構造ではないため、広い空間を作ったり大きな窓を設置しやすい特徴を持ちます。

デメリット

広い空間を作りやすいのとは反対に、ユニットの柱や梁はどうしても残るため、間取りに自由度という点では制限を受けてしまうのがデメリットです。変わった間取りを検討している場合には実現できない可能性があります。

ユニット工法全体に言えることですが、旗竿地や狭い道路に面していて、ユニットが運び込めないような立地では建築できないことがあります。また、リフォームしようとすると大掛かりになり、コスト高になってしまうというのもデメリットです。

重量鉄骨と軽量鉄骨の違い

重量、軽量とありますが、実際は鉄骨の厚さによって分けられていて、6mm未満であれば軽量鉄骨、6mm以上であれば重量鉄骨と呼びます。建築の際はアパートや小規模店舗などでは軽量鉄骨、大型マンションやビルは重量鉄骨がよく使われます。

法定耐用年数は軽量鉄骨は19~27年で、重量鉄骨の方がやや長く34年です。一般的な建築物で鉄骨造というと重量鉄骨を指しますが、ハウスメーカーの鉄骨造りの家は、ユニット工法の軽量鉄骨を指すことが多いようです。

耐震性については単純に鉄骨の厚みで考えれば重量鉄骨の方が高そうですが、軽量鉄骨も筋交いにより地震への耐力はつきます。建築する際の工法や他の建材との組み合わせなどによりどちらも地震に強い建築物を造ることは可能です。

本記事のお役立ちサイト一覧

住宅関連のニュース

Googleニュース「注文住宅」

Googleニュース「住宅ローン」

あなた向けの住宅関連情報

Google画像検索「注文住宅」

Googleマップ「住宅展示場を検索」

住宅関連の統計データ

総務省統計局「平成30年住宅・土地調査」

静岡県「住宅・土地統計調査」

住宅ローン関連情報

金融庁「新型コロナウイルス感染症の影響による資金繰りやローンの返済等でお困りの皆様へ」【PDF】

静岡銀行「住宅ローン」

清水銀行「住宅ローン」

スルガ銀行「住宅ローン」

富士信用金庫「住宅ローン」

富士宮信用金庫「住宅ローン」

静岡ろうきん「住宅ローン」

JAバンク静岡「住宅ローン」

住宅関連の補助金・助成金

すまい給付金

グリーン住宅ポイント

地域型住宅グリーン化事業

住宅事業者の関連情報

国土交通省「建設業者・宅建業者等企業情報検索システム」

公益財団法人建築技術教育普及センター

関連記事一覧