ブログ

マイホーム造りで後悔しないためのポイント リビング編

家の中心となるリビング。家族が長い時間過ごす場所なので、居心地の良い空間にしたいものですうよね。

大きな掃き出し窓を作りすぎた

明るくて開放的なリビングに憧れて、大きな掃き出し窓をたくさん作りました。しかし、それによってリビングの壁が少なくなってしまい、家具の配置にとても困りました。

また、カーテン代が高くつくことはもちろん、大きな窓は防犯面でも不安があるため、防犯フィルムを貼る必要がありコストがかかります。

さらに掃除が大変など、デメリットが多いことに初めから気が付いていれば良かった…。

来客への応対がちょっと面倒…

リビング階段は、2階に上がる時必ず家族と顔を合わせることになるため、子供とのコミュニケーションのきっかけになると言われています。

現在私は妻と2人暮らし。妻の友人が来た時に、どうしても顔を合わせなければいけません。

もちろん嫌というわけではないのですが、お互い気を遣ってしまうので、面倒臭いと思ってしまうこともあります。

冷暖房費が家計を圧迫しています

明るいリビングに憧れていたので、設計士さんにお願いをして、大きな吹き抜けを作ってもらいました。

理想通り、1日中明るいリビングになりましたが、予想外だったのが冷暖房費。エアコンの効きがとても悪く、家計を圧迫しています。

また、音が筒抜けなので、子供が受験の時にはとても気を使いました。生活リズムが違う家族で暮らすのには向いていないと思います。

後悔しないためのポイント

リビングの設計で後悔しているという声が特に多いのが、吹き抜けとリビング階段。

どちらも「昔から憧れていた」というパターンや、「住宅会社に担当者にメリットを力説されて…」というパターンが多いようですが、実際に住んでみるとデメリットを感じてしまうことが多いようです。

もちろんメリットもたくさんありますが、そこにどんなデメリットがあるかを事前に知っておくことが大切。

また、そのデメリットへの対策をしっかり練って提案してくれる住宅会社に依頼すると安心です。

本記事のお役立ちサイト一覧

住宅関連のニュース

Googleニュース「注文住宅」

Googleニュース「住宅ローン」

あなた向けの住宅関連情報

Google画像検索「注文住宅」

Googleマップ「住宅展示場を検索」

住宅関連の統計データ

総務省統計局「平成30年住宅・土地調査」

静岡県「住宅・土地統計調査」

住宅ローン関連情報

金融庁「新型コロナウイルス感染症の影響による資金繰りやローンの返済等でお困りの皆様へ」【PDF】

静岡銀行「住宅ローン」

清水銀行「住宅ローン」

スルガ銀行「住宅ローン」

富士信用金庫「住宅ローン」

富士宮信用金庫「住宅ローン」

静岡ろうきん「住宅ローン」

JAバンク静岡「住宅ローン」

住宅関連の補助金・助成金

すまい給付金

グリーン住宅ポイント

地域型住宅グリーン化事業

住宅事業者の関連情報

国土交通省「建設業者・宅建業者等企業情報検索システム」

公益財団法人建築技術教育普及センター

関連記事一覧