ブログ

規格住宅の実態!富士宮で規格住宅を建てるなら。

注文住宅は予算の面で手がでないけれども、建売住宅だと思い通りの家を手に入れることができない…と悩んでいる人におすすめなのが「規格住宅」です。
ここでは、規格住宅について解説をしていきます。

1.規格住宅とは?

住宅の建て方を大きな括りでまとめると、規格住宅はちょうど注文住宅建売住宅との間であるような位置付けで捉えられることが多いです。
しかし、どちらかと言えば規格住宅は注文住宅の一種だとする方がよりふさわしいかもしれません。

なぜなら、最初から決められているものが多い建売住宅と比べて
規格住宅は選択できるものやオプションが色々あり、組み合わせによっては希望に近いスタイルの家を建てることができるからです。

間取りや仕様、材料、設備などのすべてのものを一から選び決めていく注文住宅が「フルオーダー住宅」と呼ばれるとすると
規格住宅は、プロの手によりあらかじめ用意された間取りや仕様などから、好みのものを組み合わせて家をつくり上げていく「セミオーダー住宅」であるといえるでしょう。

しかし、近年、コストを抑えながらも均質で好みに応じた住宅を建てられる規格住宅は、住宅産業において脚光を浴びるようになってきました。
それに伴い、各ハウスメーカーから様々なプランや間取りなどの提案が増え、相乗効果でますます注目されるようになってきています。

2.規格住宅建築の流れ

規格住宅の建築の流れは、注文住宅の建築の流れとほぼ同じです。

おおまかな流れは以下の通りです。

 

1.情報収集
規格住宅を建てようとする場合、まず情報収集から始めます。

様々なハウスメーカーが規格住宅の提案を出していますので、その中から好みに合うものや希望に近い家を建てられそうなものを選んでいきます。

詳しい資料やカタログなども積極的に集めて比較してみると良いでしょう。

 

2.相談をしに行く

いくつかのハウスメーカーを選び出したら、実際に家づくりの相談をしに行きます。

この時に、どのような家を建てたいのか、予算はいくらぐらいなのかを具体的に説明できるようにしておくことが大切です。

 

3.家づくりの提案、計画を出してもらう

どのハウスメーカーで建てるのかが決まってきたら、より具体的な提案や計画を出してもらいます。

どのような選択肢があるのかについても、しっかりと説明をしてもらうようにしましょう。

 

4.契約

家づくりの提案や計画、予算などについて納得できたら、規格住宅の契約をします。

また、詳細な設計図も作成します。

 

5.工事着工

工事が着工してからも、確認事項などが発生する場合があります。

工事の進行状況などの報告をこまめに受け、できるだけ現地に足を運ぶことをおすすめします。

 

6.完成・引き渡し

規格住宅が完成したら引き渡しとなります。

引き渡しの前には、担当者や工事責任者と共に家のチェックをします。

細かいところも手を抜かずにきちんと確認しましょう。

もし不具合があるようならば、いつまでにどのように直してもらえるのかを取り決めます。

3. 規格住宅のメリットとデメリット

次に、規格住宅のメリットとデメリットについてみていきましょう。

【規格住宅のメリット】

・価格が安い
フルオーダーの注文住宅に比べて、規格住宅ではあらかじめ規格化されているプランや間取りから選択するため、設計などにかかる費用が安くなります。
また、資材も一から選ぶのではなく、大量生産されているものを中心に選ぶので、材料費も注文住宅ほどかかりません。

・工期が短くて済む

最初から間取りなどを考えるのではなく、いくつかのプランから選んで組み合わせるため、打ち合わせや設計の時間が注文住宅ほどかかりません。
また、ハウスメーカーによっては決まったパーツを工場で準備して現場にもってきて組み立てるため、その分時間を短縮することができ、効率よく工事をすすめることができます。

・完成のイメージが掴みやすい

すべてオーダーで建てる注文住宅の場合、最初のイメージと完成した家とが違っている、というトラブルが起きることがあります。
しかし、規格住宅の場合は、あらかじめ仕様やスタイルが決まっているので、具体的な完成イメージを設計時から提示してもらうことができます。

【規格住宅のデメリット】

・完全に自由ではない

フルオーダーの注文住宅とは違い、基本的なプランや間取りが決まっているため、完全に自由な家づくりができるわけではありません。
どこにもないような個性的な家を規格住宅で求めても、実現することは難しいでしょう。

・土地によっては建築が難しい

規格住宅は、ある一定条件の土地にしか対応できない場合が多いです。
例えば、傾斜地や極端に細長い形の土地などには、規格住宅のプランでは適用できない場合があります。
そのような土地に規格住宅を建てたい場合は、決められたプランで対応できるかどうかをしっかりと打ち合わせする必要があります。

4. まとめ~規格住宅で家を建てよう~

規格住宅について、建築の流れやメリット、デメリットなどについてみてきました。

予算面で注文住宅には手が届かないという人だけでなく、選択肢がありすぎると迷ってしまって決めきれない
また、移住を考えているが打ち合わせが大変という人にも規格住宅はおすすめです。

お客様の家づくりのご予算やご希望など、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

関連記事一覧